MENU

効果はあるものの副作用が気になる成分

フィナステリドと並んで、治療用の薬として有名なミノキシジルは、市販の育毛剤にも使われている、ポピュラーな存在です。薄毛や抜け毛に関する2chの書き込みでも、盛んに話題に取り上げられています。

 

「細い毛が太くなった」「産毛が伸びてきた」などの効果が認められる意見がある一方で、「薬代が高い」「副作用が怖い」といったマイナスイメージもあります。ミノキシジルは育毛剤の外用薬と、内服薬が存在しますが、どちらも保険適用外ですので、治療費が高額になりがちです。市販品も同様のことがいえます。

 

副作用には、低血圧や多毛症、ニキビの悪化、性欲減退などがあげられます。循環器系といった病気を持つ人も、利用時には注意しなければなりません。必ず発症するわけではないものの、頭の片隅に入れておくべき知識です。

ミノキシジルは薄毛治療のスタンダード

この成分は本来、血管拡張剤として使われてきた経緯があります。薄毛に対する育毛効果が見られたことから、薄毛の治療薬として使われ始めました。

 

2chで、「薄毛に効くことが学会から発表されている」「薄毛治療に効果があるのはフィナステリドとミノキシジルだけ」といわれているように、この2つには治療が難しい男性型脱毛症を始め、多くの薄毛治療のスタンダードとして使用されています。

 

特に後者は、フィナステリドが男性専用であるのとは違い、女性に対しても量を守れば、使えるという魅力を持っています。この成分が使われた育毛剤はかつて、テレビコマーシャルが頻繁に流れたことから、ある程度落ち着いた今となっても、2chでしばしば商品名が登場するなど、大変有名な育毛剤として扱われています。

薬代の対策に同じ成分のジェネリック医薬品を使う手もあり

ミノキシジルを病院で処方してもらう時に、薬代が高いと嘆くならば、個人輸入でジェネリック医薬品を購入する手段があります。ただ、この方法は自己責任ですので、まずは医師に相談してから使うのがよいでしょう。

 

副作用に関しては、2ch内で「体毛が増えた」という意見が見られるように、多毛症まではいたらなくても、やや体毛が多くなる可能性はあります。しかし、2chで多毛症を始めとする、副作用の体験談はほとんど見られませんので、副作用の確率は低いといってよいでしょう。異変が見られたなら、育毛剤や内服薬の利用を中止し、医師に相談すれば対処してくれます。

 

市販の育毛剤は「3ヶ月使用で効果ゼロ」「1ヶ月で効果がわかる」という2chの意見からして個人差がありますので、根気よく使用を続けるようにしましょう。