MENU

育毛剤の使用は20歳からが基本

薄毛に悩み始める年齢は、早いと20代前半という方もいます。生活習慣が乱れていたり、過度のストレスが溜まっていたりすると、若くして髪が薄くなってしまうのです。
昔なら薄毛は30代からというイメージがありましたが、今は低年齢化しています。2chの投稿を見ても、それを実感させられます。

 

「20歳だけど育毛剤の使用を考えている」

 

「親が薄毛なので、将来に備えて育毛ケアをしておきたい」

 

といったコメントが多いのです。

 

育毛剤を使用できる年齢ですが、基本的に20歳以上からとなっています。成長がストップした成人を対象としており、未成年の使用は不可とするケースが多いです。副作用を伴うタイプもありますし、何より20歳なら生活習慣の見直しだけで薄毛は予防できます。将来に備えてケアしたい方も、20歳以上からで遅くはありません。

未成年はどんな育毛ケアをするべき?

未成年は育毛剤を使用しなくても問題ありません。生活習慣を正すだけで、薄毛は予防できるものです。例えば、夜は早めに眠る、食生活のバランスを整える、ストレスを溜めない、などなど。健康のために当たり前の習慣を実践するだけで十分です。

 

男性は薄毛の発症年齢が早いですが、それでも多くの場合は30代からです。最近は低年齢化はしていますが、これにはストレスが最も影響しています。ストレスを溜めやすい方ほど薄毛が進行しやすいですし、育毛ケアの効果も出にくくなります。

 

シャンプーの仕方については、若いころから正しい方法を身につけておくべきです。間違った方法を正しいと思い込んで続けていると、若くして抜け毛が増えて薄毛を促進させます。爪を立てて頭皮を引っ掻いたり、頭皮に合わないシャンプーを使用したりしてはいけません。

成人ならどんな育毛剤でも使える?

成人は基本的にどんな育毛剤でも使用できます。ただし、頭皮に合わないタイプを使用すると抜け毛が増えるので、しばらく使用して抜け毛を促進すると感じたら使用をやめましょう。

 

使い始めてから1週間程度は一時的に抜け毛が増えることはありますが、ずっと継続するようなら注意が必要です。頭皮に合わない育毛剤を使用するのは逆効果であり、あっという間に薄毛を招いてしまいます。

 

洗髪するたびに排水ネットが真っ黒になるようなら、すぐに使用をストップするべきでしょう。そして、育毛サロンやクリニックで頭皮診断を受けて、頭皮に合った育毛剤を紹介してもらいます。育毛タイプのシャンプー、コンディショナーにも言えることですが、頭皮に合わないタイプを使用すると今まで以上に薄毛を促進するので注意が必要です。