MENU

育毛剤で人気のあるものってどれ?

AGA治療薬として発売されている育毛剤はたくさんありますが、2chでよく話題に上がるのが「フィナステリド」と「ミノキシジル」です。この2つは育毛剤の中では王道とも呼べる治療薬で、長期使用によって効果が現れフィナステリドの配合された治療薬では、80%の人に現状維持以上の効果があるといわれています。

 

しかし、その高い効果がある一方で副作用があることも事実であり2chには、「使用後2週間ほどで初期脱毛の時期になり激しい抜け毛が起きた」・「勃起不全・朝立ちしなくなった」・「めまいやふらつきが出た」などという感想がありました。

 

初期脱毛という、毛の生え変わるリズムを調整する期間があり、その時期には個人差がありますが抜け毛が起こるため、抜け毛が激しくなるとみんなびっくりしてしまい、中にはそこでやめてしまう人も多いようです。

人気育毛剤の特徴と効果は?

2chでも話題となっている2大育毛剤「ミノキシジル」と「フィナステリド」について調べてみると、ミノキシジルは元々血管拡張剤として開発された成分で、後に発毛効果が認められて発毛剤に転用されました。内服薬としては副作用が発見されたため、2%の容量の外用薬として販売されています。詳しいことは解明されていませんが、ミノキシジルが毛乳頭細胞や毛母細胞に働きかけて活性化させることで発毛につながるとしています。

 

フィナステリドは、前立腺肥大症治療薬として使用されていた薬で、後にAGA治療薬としての効果が認められたため、プロペシアという名称で販売されています。フィナステリドは男性ホルモンの一種で脱毛の要因とされるDHTへと変換する還元酵素を阻害する役割を果たします。"

より効果的な育毛剤の使い方は?

育毛剤には効果により違いがあるため、その効果と使い方を知る必要があります。ミノキシジルとフィナステリドもそれぞれ効果が違っているため、この2つを併用する使い方が可能です。

 

フィナステリドはそれ自体には発毛作用は低いとされていますが、脱毛の要因であるDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンの生成を促すとされる還元酵素を阻害する作用があるので、脱毛を抑制させてくれます。一方ミノキシジルは発毛剤であり、毛の生成を促す効果があるため、この2つを同時使用すると効果的です。

 

フィナステリド(プロペシア)は、1日0.2mg〜1mgの容量を1錠服用します。1日の上限は1mgとし、服用時間は自由です。ミノキシジルは容量により1%〜15%まであり、1%だと効果が実感できず10%だと副作用が懸念されるので5%位がおすすめです。"