MENU

育毛剤を使うと実感できる効果って?

円形脱毛症や男性型脱毛症(AGA)に悩む人にとって重要な育毛剤ですが、その効果にはどのような症状があるのでしょうか?脱毛症などで悩む人が多く書き込みをしている2chを覗いてみると、円形脱毛症では皮膚科でステロイド薬を処方してもらいそれを塗っている人が多くいますが、その口コミは「毛が生えてきた」という書き込みの他に「副作用が強くて止めた」という書き込みもありました。

 

またAGAの場合は治療薬が異なり、「プロペシア」や「ミノキシジル」といった治療薬を試している人が多くおり、「使い始めて2週間頃から抜け毛が激しくなって、2か月くらい続いた」・「勃起不全になった」・「副作用が強すぎて止めた」などの書き込みが多く見られました。このように、円形脱毛症では改善がみられるものの、AGAでは副作用の書き込みが多くありました。

育毛剤の特徴とその効果とは?

円形脱毛症はストレスや自己免疫疾患から起こることが多いため、育毛剤を利用するというよりは精神科で治療薬をもらったり、亜鉛を多く摂取することで改善が見られます。

 

一方AGAの場合は、きちんと治療をする必要があり育毛剤の使用が必要となります。「プロペシア」は、テストステロンというホルモンをDHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛の原因となるホルモンへと変換する還元酵素を阻害する働きをします。これにより脱毛を抑制させる効果があります。

 

また「ミノキシジル」は毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させる作用があり、発毛を促進させる効果があります。しかし、どちらも元は前立肥大症や高血圧の治療薬として開発された薬であるため、アレルギーや敏感肌などの人が使用すると、場合によっては重篤な副作用が生じることがあります。

育毛剤の効果をより実感できる使用方法ってある?

育毛剤には配合される成分の種類によって、頭皮に作用する働きが異なってきます。育毛剤を効果的に実感できる使用方法としては、まずは自分の脱毛症状を確認し、円形脱毛症であるならば主にストレスが原因なため精神科や皮膚科で処方してもらった薬を使用し、AGAである場合では特に高い効果があるとされる「プロペシア」と「ミノキシジル」を併用する方法が最善です。

 

この2つの治療薬は、効能が異なるため併用が可能とされており、実際に同時併用で治療を行っている人が多くいます。

 

ただし注意したいことが、AGA治療薬は薬効が強いため全ての人に効果的に働くとは限らず、敏感肌やアレルギー症状がある人には、様々な副作用が起こることが報告されています。しかしAGA治療は最低でも6か月は継続使用が必要なため、使用中に体に何らかの悪影響が生じたらすぐに中止することも重要です。