MENU

育毛剤の副作用は何がある?

現在様々な育毛剤が発売されていますが、実際使用した人の中では副作用が出てしまった人もいます。

 

2chの評判を覗いてみると、「2か月使用したけど、頭皮がかぶれて抜け毛が増えた」・「DHT(ジヒドロテストステロン)阻害作用が77%なんてありえない」・「ネットで凄い話題だから使用したけれど、まんまと騙された。まったく効果なし!」・「全額返金制度ありとか言ってるけど発送して30日間限定で、3か月の継続使用を推奨なんて書いてある」など、他にも厳しい意見が多くありました。

 

こうして見てみると、育毛剤は強い薬剤の効能で、皮膚の弱い人やアレルギー体質の人などには刺激が強く、場合によっては頭皮のかゆみやかぶれが起き、酷くなると毛が抜けてしまう場合もあるようです。そのため、副作用を感じた人は、継続使用する前に止めてしまうため効果の口コミが少ないです。

育毛剤の効果・効能とは?

育毛剤とは、頭皮に生えている毛髪に影響を与えて、抜け毛の防止や予防を行い髪の成長を促進させるために開発された薬剤です。この育毛剤にはいつくかの種類があり、配合されている成分によって効果も様々です。

 

特に高い効果をもたらす作用が、男性型脱毛症(AGA)を引き起こすとされる男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制させるために、5αリダクターゼ(男性ホルモンの一種であるテストステロンを、DHTに変換する働きをする)を阻害する成分を配合した薬剤です。

 

AGA治療薬として認可されている成分には、「フィナステリド」・「ミノキシジル」・「塩化カルプロニウム」などがあり、その他にも天然素材から抽出したもので、これらの成分に似たものや、頭皮環境を整える効果のあるものが成分として含まれています。

育毛剤を選ぶポイントと使用時の注意点

育毛剤を選ぶ際のポイントとして、やはり最も重要なのは「自分の体質に合った薬剤を選ぶこと」です。頭皮トラブルを起こす原因は人それぞれ違うため、全ての人に効果的なものは存在しません。

 

そのため、自分に合ったものを選ぶ際には、どのような副作用が起こるのかを知り、その原因にあたる場合には他の商品を選ぶようにしましょう。
使用時の注意点としては、AGA治療は短期間では効果は実感できないものなので継続使用が前提となります。

 

しかし、1か月〜2か月使用してみて効果がないとそこでやめてしまう人も多いため、効果を実感できていない現状があります。育毛剤を使用するときには、最低でも3か月、できれば6か月間は継続使用してから様子を見るようにしましょう。ただし、使用中にかゆみや皮膚トラブルが生じた場合には即座に中止するようにしましょう。