MENU

育毛剤の特徴について

育毛剤は毛髪の成長を促す成分を主体としている製品です。今現在生えている髪の毛を成長させ、脱毛し難く予防する効果も期待することが出来ます。医薬品や医薬部外品に指定されている商品の数も多く、有効成分が配合されている各種の商品が開発販売されているのが特徴となっています。

 

主な効果としては頭皮の毛母細胞や毛根細胞に働きかけて新陳代謝を促していく毛を助ける効果や、頭皮の血行促進によってより多くの栄養を髪の毛に届ける効果が期待できます。また雑菌の繁殖や炎症を予防することで脱毛予防の効果もあるのです。保湿成分も含まれており、頭皮の乾燥を防ぐことで育毛環境を届けるという優しい成分が特徴です。女性の薄毛に対しては主に育毛剤が使用されており、一本一本の髪の毛を強くすることで問題の解決を目指します。

発毛剤の特徴について

発毛剤は育毛剤とは違い、既に生えてる髪の毛の成長を支えるのではなく、何らかの事情で脱毛した後であっても新しく発毛させるための働きかけを主な目的とした商品のことを言います。育毛剤に比べて、より積極的に髪の毛が生えるという効果が期待できる成分が含まれているのが特徴になっています。主に毛母細胞の活性化や細胞分裂の促進が期待できるのが最大の特徴です。

 

一般に発毛剤と呼ばれる薬品は薬事法によって医薬品に指定されているものが多く、医師の処方を必要とする医療用医薬品の他、薬局などで買う場合にも薬剤師の説明が必須となっている第一類医薬品等があります。注意して使用しなければ副作用のリスクを伴う場合もあるため、注意して使用することが求められる薬品であると言えるでしょう。

育毛剤と発毛剤の使い分けについて

育毛剤と発毛剤の違いを理解した後は、それぞれをどのように利用して行くかを考える必要があります。どちらかが絶対的に良いというものではありませんので、その時々の状況によって使い分ける必要があると言えます。一般的にどのような薬品を使用するのが良いかは薄毛の進行度合いに関連していると言われています。

 

もしもまだ薄毛が始まっていない状態で心配しているのであれば副作用のリスクが限りなく小さな育毛剤の使用が推奨されるでしょう。気軽に使っても問題が起こる可能性が低いのがメリットです。しかし既に薄毛が始まっていたり、進行してしまっている場合には両方を併用するのがお勧めであると言えます。どちらかが絶対的に協力に作用するという関係ではありませんので、色々な薬品を試して反応を見てみることも大切であると言えます。