MENU

育毛剤と不妊の関係について

「育毛剤を使うと子供が出来なくなるってよ」
「何でも男性機能に影響があるらしい」

 

この様なうわさが語られる様にある種の育毛剤の使用による性機能障害への心配が存在しています。残念ながらこのうわさには一定の真実があり、フィナステリドを含む内服薬型の育毛剤を使用する場合には薄毛を促進する男性ホルモンを抑制する働きを持っているために副作用として睾丸の増精力の低下やEDなどの症状、性欲の減退などが引き起こされる可能性があります。

 

男性が薄毛を何とかしたいと考える背景には異性へアピールが含まれることも少なくありませんので、この様な副作用が発生する可能性があるということは安全性を考える上で非常に残念なことであると言わざるを得ないでしょう。これは一般にAGA治療と呼ばれる治療で使用されている薬です。

性機能の減退の原因と安全性について

「男性にも不妊症があるとは知らなかった」
「不妊って女性の問題じゃないの?」

 

この様な意見に代表される様に男性は一般的に不妊に対して意識が薄い傾向があります。子供が出来ない場合には女性側の問題だけではなく男性側の原因が考えられるケースが少なくないのですが、この育毛剤の問題はその代表的なケースとして今後知られて行くことになると思われます。

 

近年AGA治療と呼ばれる男性型脱毛症の改善のための薬物治療が広く行われるようになってきましたが、その際に使用されるのがプロペシアと呼ばれるフィナステリドを主成分とする薄毛治療の内服薬です。男性の抜け毛にはある種の男性ホルモンの働きが大きく関係しているため、それを抑えることになるのですが、結果として男性機能の低下まで引き起こしかねないのは皮肉な話です。

髪の毛の悩みと男性機能の減退の問題の解決法

「薬を止めれば治るの?」
「髪の毛が先か、彼女が先か」

 

育毛剤と男性機能の減退は男性にとって大きな悩みどころであると言えるでしょう。髪の毛の悩みも解決したいけれど、それと引き換えには出来ないのが男性機能です。誰にも確実に男性機能の減退が起こるわけではありませんが、長期間の使用によって一旦症状が出てしまうと薬の使用を止めたとしてもすぐに機能が回復するとは限らないということが分かってきています。

 

そのため男性機能の減退を感じ始めたらすぐに専門の医師と相談をして今後の治療について検討をする必要があるでしょう。AGA治療で使用する飲み薬には一定の効果がありますが、治療を止めてしまうと元の状態に戻ってしまうというデメリットもありますので良く考えて判断する必要があると言えるでしょう。