MENU

医薬品の育毛剤でトラブル

天然成分や無添加の育毛剤が多数販売されていますが、2chで育毛剤を使ったところ、「薄毛や脱毛がひどくなった」という意見が聞かれることがよくあります。「ミノキシジル配合のものを使ったら抜け毛が進行した」「長く使わない方がよい」などといったものです。

 

ミノキシジルは薄毛治療に使われるもので、医療機関にて処方されますが、成分量を薄めたものが、市販品として販売されています。「効果があったという」話もありますが、副作用の報告もありますので、安易に使用できないのが難しい製品だといえます。

 

強い成分が含まれている市販品は、たとえ天然由来成分が配合されていたり、添加物が少ない場合でも、悪い結果を招く危険性があることを、使用前によく知っておくことが大切になります。

天然成分や無添加の製品が多い理由

育毛剤の理想として、天然由来成分や、添加物がないことが良いとされているのには、理由があります。

 

人工的に作られた成分は頭皮の刺激になる場合があるからです。よって、穏やかな使い心地が評判の、天然の植物から抽出された成分が好まれています。「ミノキシジルを塗るとかぶれそう」という2chでの意見は、人工的に作られた医療用の成分であるため、頭皮に及ぼす刺激が強くなることを懸念しているからです。よって副作用の心配も高くなります。

 

無添加である理由も同じことがいえます。2chにて「防腐剤を避けたら抜け毛が減った」という書き込みがあるのは、添加物が薄毛や抜け毛を招くという意味としてみることができます。添加物として、パラベンや人工香料など、敏感肌の人が避けたい成分がよく指摘されています。

天然成分でマイルドな育毛剤から使う

育毛剤選びで失敗しないためには、2chでよく指摘されている医療の現場で使われる、ミノキシジルが配合されている製品を避けることから始めるのが無難です。天然成分中心の、無添加の製品からスタートしてみましょう。いきなり強い成分を使用すると、頭皮の刺激になり、かえって症状が悪化する恐れがあるからです。

 

ただし、「ミノキシジルを使用後、他人から髪が増えたといわれた」という書き込みもあるように、基本的には治療薬として使われる成分ですので、人によっては高い効果が望めます。ミノキシジルを使うなら、医療機関で医師の診断を受けてからの使用が安全です。

 

天然成分や無添加のマイルドな効き目の育毛剤は、長く使い続けることが肝心ですが、もし1年程度改善が見られないなら、別の製品に切り替える判断も必要です。"